壮観!山梨ワイナリー

リンクボール
ニュース

Link Ballはいい食材を求めて直接生産農家の現場にも足を運びます。先日は山梨の葡萄栽培農場、ワイナリーに出向いてまいりました。山梨と言えば日本ワイン発祥の地であり、日本で葡萄の生育に最も適した場所と言われています。葡萄は日当たりと水はけが良い場所を好みます。

山梨は北に八ヶ岳、南に富士山、西にアルプス連峰と三方を山に囲まれているため、雨雲は周囲の山々でせき止められることから、降水量が少なく日本で最も日照時間が長い県であることで、必然的に山梨が葡萄の産地にそして日本ワイン発祥の地となったというのはうなずける話です。

傾斜地を利用した広大な垣根式葡萄農場は、生産者の方々の長年の技術と土づくりでできた壮観さと圧巻が融合した風景で、葡萄の旨味同様、想いと努力がぎゅっと詰まっているのが分かります。こうして生育の段階から生産現場で実際に食材を見る事で、流通段階となった商品への見る目が変わります。まだこの時期の葡萄の木は葉もつかず枝木のままですが、秋になるとこの木にはたわわに果実を実らせ、そして美味しいワインとなります。

ワインに関しては自信はありませんが、野菜、果物、葡萄に関してはLink Ballにお任せください。