車酔いには生姜がオススメ

リンクボール
ニュース

今年のGWは天候にも恵まれ、いいドライブ日和ですね。まさにそんなGW真っただ中の今、ドライブで気になるのが「車酔い」。人によって差はあるものの、状況や体調、神経バランスや精神状態など様々な要因が重なって車酔いになるといわれています。そもそも車酔いとは、「動揺症」とか「加速度病」といわれ体にかかる振動や重力の変化などによって三半規管の平衡感覚が崩れることで引き起こされる体調不良を総じて指していますが、基本は一過性の症状です。

これに対処するには、チョコレートやガム、梅干しなどを唾液を出し血糖値を上げる食べ物で対処する方法が一般的に知られていますが、もっと効果的で即効性のある対処法があるのではないかとかねてから思っていました。また野菜を扱う我々としては世界中を探せば「車酔いと野菜の関係性」が何かしらあるのではと直感的に思い調べた結果、やはりあったのです!それはズバリ『生姜』です!生姜は紀元前500年頃から中国では薬用に利用されていた事実があり、現在でも漢方薬や健康食品など広く利用されています。

ショウガオール:血行を良くし身体を温め、糖や脂肪の代謝を高める。
シンゲロール:免疫細胞の白血球を増殖させ免疫力を高める。
ジンジベイン:分解酵素の一種で胃腸内壁の血行を促進し消化率を高め胃腸の負担軽減に作用。

これらの成分が身体に作用する時間も比較的早く、しかも様々な効能があることから「究極の食材」と言われています。特にジンジベインという成分が特に『車酔い』には効果的であることから、生姜の入った炭酸水であるジンジャーエールなどドリンクから摂取してもいいそうです。ほかにも、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗寄生虫予防作用、抗炎症作用、鎮痛作用、痰のからみを解消、咳の鎮静化作用、発熱発汗作用、解熱作用、吐き気を抑える作用、めまいや耳鳴りの予防作用、コレステロール安定化作用、アンチエイジング作用、うつ病予防、デドックス効果…というものがあり、その効能には驚かされるものが多いです。

車酔いの予防と対策には何といっても「生姜!」これ覚えておくといいですよ。

野菜と果物、生姜についてはLink Ballにお任せください。