そのまんま生姜作ってみました

リンクボール
ニュース

先日とあるお客様が、最近喉の調子が悪いとおっしゃっていました。医者に行っても一向に改善せず、嘆いていらっしゃいましたので、5月3日の投稿「車酔いには生姜がオススメ!」に記載されている内容をお伝えしたのです。車酔いには生姜がいいという事だけではなく、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、鎮痛作用、痰のからみを解消、咳の鎮静化作用、発熱発汗作用、解熱作用、吐き気を抑える作用…といった様々な効能がある事を説明しました。

昔から「生姜湯」がありますが、さすがにこの季節「湯」で飲むわけにもいかず、いくら喉に生姜がいいという事がわかっていても夏でも食せるレシピを知らなければ、それはただの知識にしかすぎません!そんなわけで、簡単に、しかも生姜をそのまま食べれるレシピやってみました!それが「そのまんま食べる生姜」です。結論、ご飯にめちゃくちゃ合います!

【材料】

生姜…1パック(だいたい100gから200gほど)
しょう油…適量(だいたい大さじ4~5杯)
みりん…適量(だいたい大さじ3~4杯)
酒…適量(だいたい大さじ4~5杯)
砂糖…大さじ1杯
鰹節…かるく一掴み程度

【作り方】

①生姜を適当に千切りした後にみじん切りに、面倒くさい方は千切りした生姜をフードプロセッサーに投入。
②調味料となるしょう油、みりん、酒、砂糖とみじん切りにした生姜を投入し、軽く沸騰させる。
③軽く沸騰したら鰹節をかるく一掴み投入して冷ます。
④耐熱ガラス容器などに移し替え、2~3日冷蔵庫で冷やしてからお口の中へ。

自画自賛ですが、とにかくご飯がすすみます。食べ過ぎに注意するほど食がすんでしまいます!でも生姜はとにかく体にいいですから。

野菜と果物、生姜レシピについてはLink Ballにお問合せ下さい。