新規契約生産者情報「極甘きんかん」!

リンクボール
ニュース

また新たに、こだわり野菜の生産農家との契約にこぎつけることが出来ました。

今回は、皮ごと食べれる、とてもおいしいきんかんの生産者さんです。

九州は桜島の火山灰が作ったシラス(火山灰土)育った、宮崎県串間市が産地です。

ここは台風銀座とも呼ばれる台風直撃の多い地域で、それに耐えきって収穫されるきんかんなのです。

台風以外の季節では、年間平均気温14℃の西南暖地と呼ばれ、日照時間も全国的に高い地域なのです。

栽培方法にもこだわりがあり、きんかんの木の足元にあえて雑草を生やし、それを刈り取って敷き草するという「草生栽培」を採用。

草生栽培の利点は、足元の雑草が土壌に有機物として還元されるだけでなく、土壌水分をコントロールしてくれる上に、天敵昆虫を育ててくれるので、除草剤などは一切使用しないのです。

きんかん自身に過剰なストレスをかけることのないよう、環境要素を計測するセンシングを行うなど、自然の育成状態を限りなく支えつつもしっかりと管理することで、皮ごと食べれる、甘くておいしいきんかんになるのです!

皮ごと食べれる極甘きんかん、ぜひご賞味下さい!

野菜と果物、極甘きんかんに関してはLINKBALL株式会社にお任せください。